丸ごと明日葉が入った「ふるさと青汁」とは!? 栄養価や購入方法紹介


健康志向が高まる中、野菜不足を補うために「青汁」を飲んでいる方は増えています。

しかし、そんな青汁もたくさんの商品が販売されていて、どれを買ったらよいか迷ってしまいます。

どうせ飲むならば「飲みやすい」「栄養価が高い」「安全」「価格がお手頃」の商品を愛飲したいものです。

そこで、この記事ではおすすめの青汁「ふるさと青汁」について紹介します。

ふるさと青汁とは

ふるさと青汁は、青汁の主原料に良く使用される大麦若葉やケールではなく、国産の明日葉を使用しています。

さらに、使用する明日葉は根っこまで丸ごと使用していることが最大の特徴です。

種をまいてから収穫までに3年かかる明日葉を丸ごと使用することで、ミネラルをはじめ豊富な栄養が凝縮されています。

「ふるさと青汁」の特徴はこれだけではありません。

ここからはふるさと青汁の優れた栄養価を紹介していきます。

 

安心の国産素材を使用

ふるさと青汁の主原料は、八景島産の明日葉です。

明日葉にはカルコン、カリウムを含め豊富な栄養が詰まっています。

さらに、島根県産の桑の葉、熊本・大分県産の大麦若葉も配合されています。

桑の葉には「キレイ」をサポートするビタミンやミネラルが豊富に含まれており、大麦若葉には食物繊維がたっぷり配合されています。

もちろん安全面も対策されており、国内のGMP認可工場で混合・造粒・整粒されており、機械と人の目による厳しいチェックを合格したものだけが消費者の手に届きます。

 

明日葉の2台成分「カルコン」「カリウム」

明日葉には独自の成分である「カルコン」のほかに、カリウムが豊富に含まれています。

カリウムには利尿作用があり、体に溜まった老廃物を体外へ排除する働きがあります。

そのため、むくみや高血圧の改善効果が期待できます。

また、カルコンは抗酸化作用のあるポリフェノールの一種で、善玉コレステロールの生産を促す働きがあります。

この効果により中性脂肪減少や、動脈硬化や脳梗塞や心筋梗塞の予防、血糖値の改善効果が期待できます。

 

「ケール」に負けない栄養素

栄養価の高い青汁と言えば「ケール」ですが、明日葉にはケールを上回る栄養が豊富に含まれています。

 

  • 食物繊維
  • タンパク質
  • ビタミンK、カロテン
  • ビタミンE
  • ビタミンB群
  • ナイアシン
  • カリウム

 

これらの栄養は、ケールよりも明日葉の方が豊富に含まれています。

食物繊維も豊富なため、便秘がちな方や腸活を始めたい方にもおすすめです。

 

ふるさと青汁はこんな方におすすめ

ふるさと青汁を特にお勧めしたい方は、以下のような方です。

 

  • 野菜不足が気になる方
  • 健康な体をキープしたい方
  • 妊娠されている方やお子様
  • 便秘やむくみが気になる方

 

明日葉には多くの栄養素が含まれているため、野菜不足が気になる方はもちろん、健康な体を保ちたい方にもおすすめです。

また、妊婦さんの栄養補給食としても認定されています。

飲みやすい味ですので、野菜嫌いなお子様にもおすすめで、バナナを入れてスムージーにしたり、パンケーキに入れたりするとおやつ代わりに美味しく食べることができます。

 

ふるさと青汁の価格や購入方法

ふるさと青汁の購入は、公式サイトがおすすめです。

定期コースではお得な価格で購入することができます。

中止・変更は次回お届け日の7日前までに連絡することで可能。
定期コースは購入回数のしばりも無いので安心です。

公式サイトへは以下のリンクをクリック!

まとめ

ふるさと青汁は、明日葉を主原料に使用した国産素材の青汁です。

明日葉を丸ごと使用することで、より高い栄養価に仕上げてあります。

ふるさと青汁は野菜不足が気になる方はもちろん、健康維持や便秘・むくみの解消、妊婦さんの栄養補給にも適しています。

味も癖がなく飲みやすくなっているので、一度試してみてはいかがでしょうか。