シミへの対策は今すぐ「ホワイピュア 薬用美白クリーム」で!


40代をすぎてからシミやそばかすが気になりはじめる、という方は少なくないようです。ではなぜ、年齢とともにシミやそばかすが目立ってきてしまうのでしょうか。ここでは、しみ、そばかすが増える原因と効果的な対処方法について詳しく見ていきましょう。

40代以降のスキンケアは遅すぎる?

シミ、そばかすが女性の肌で目立ってくるのは一般的には30代半ばあたりから40代以降と言われていますが、シミやそばかすが増えはじめてからスキンケアを本格的にはじめたのでは遅すぎる、とまで言われています。シミ、そばかすの正体は古くなった皮膚であり、寿命をむかえても新陳代謝が行われなかった皮膚がいつまでも表面にとどまることで定着してしまいます。いったん深くまで定着してしまったシミ、そばかすは短期間では取り除きにくくなり、ファンデーションなどで隠すしかないのでしょうか?

 

ついつい隠したくなるシミやそばかす

40代以降になって肌に定着したシミ、そばかすは表面的なスキンケアだけではなかなかとりのぞくことができません。だからといって本格的なスキンケアをつづけるほどの余裕もないため、ほとんどの女性は目の前の忙しさに流されて、シミ、そばかすをとにかく隠す、というアプローチになりがちです。しかしながら、ひたすら隠す、というのはあくまでも対症療法的なアプローチであり、根本的解決ではありません。シミ、そばかすの原因にきちんと働きかけるのが本当の意味でのスキンケアであり、根本的な原因を理解し、それに対処することで効果的なスキンケアにつながります。

 

原因はメラニンだった!

シミ、そばかすが肌に定着してしまう原因は、紫外線とメラニンにあります。肌は紫外線を受けるとメラニンを生成し、紫外線から皮膚を守ろうとします。メラニンが過剰につくりだされると色素沈着が進んでしまい、その変色がシミやそばかすとなって表れてしまいます。

 

メラニンを抑制するスキンケア

シミやそばかすの原因となるメラニンの生成をコントロールすることができれば本質的なスキンケアとなり、40代以降になってもシミやそばかすとは無縁な美白肌をキープすることができます。本当の意味のスキンケアは、30代以降からはじまっているのです。

 

ホワイピュアでシミやそばかすを上手に撃退!

「ホワイピュア薬用美白クリーム」はトラネキサム酸、アルブチンの効果でシミ・そばかすにアプローチしてくれます。クリームタイプですのでお風呂上りに塗り込むだけで良く、とてもお手軽です。
さらにカラダの内側からもアプローチしたいアナタには、
医薬品サプリ「ホワイピュア」
も併用されると、さらなる効果が期待できるでしょう。

 

まとめ

40代以降になって目立ってくるしみ、そばかすには、今すぐにでもきちんと対処しておきましょう。トラネキサム酸とアルブチンの効果を、ぜひ「ホワイピュア薬用美白クリーム」で体験してみてください。